skip to main content

アプライド マテリアルズ KOKUSAI ELECTRIC 買収契約の最新情報を発表

アプライド マテリアルズの取締役会は株式買い戻しプログラムに追加の 75 億ドルを新たに 承認

 

報道資料
2021 年 3 月 23 日
(日本時間)

アプライド マテリアルズ(Applied Materials, Inc., Nasdaq:AMAT、本社:米国カリフォ ルニア州サンタクララ、社長兼 CEO ゲイリー・E・ディッカーソン)は 3 月 22 日(現地時 間)、株式会社 KOKUSAI ELECTRIC の株式購入に関する KKR(KKR HKE Investment L.P.)との修正契約について、中国で規制当局の承認が適時下りたことを両当事者が確認で きなかったことから、同契約は契約条件に従って 2021 年 3 月 19 日に終了した可能性がある ことを発表しました。承認が適時下りたという確認を、契約解除料の支払期限である 2021 年 3 月 26 日より前にアプライド マテリアルズが受け取っていない場合、アプライド マテ リアルズは契約が終了したとみなして KKR に契約解除料 1 億 5,400 万ドルをキャッシュで 支払います。

アプライド マテリアルズの取締役会は新たに 75 億ドルの株式買い戻しを承認しました。 これは先の承認額の残高約 13 億ドルに追加となるものです。アプライド マテリアルズの資 本配分計画に関する追加情報は、近く開催されるインベスターミーティングで発表します。

将来予想に関する記述について

本プレスリリースには、アプライド マテリアルズが提案する KOKUSAI ELECTRIC 買収に 関する規制当局の承認状況その他、将来の見通しに関する記述が含まれています。こうした 記述は既知または未知のリスクや不確定要素に左右され、それらが明示ないし黙示する帰結 と実際の結果の間に大きな違いをもたらす場合があります。そうしたリスクや不確定要素と しては、承認取得状況に関する両当事者の同意、提案された買収を適時ないし最終的に完遂 するための前提条件を両当事者が満たす能力、およびアプライド マテリアルズが証券取引委 員会(SEC)に提出する書類(最新の Form 10-Q および 8-K 報告書を含む)に記載してい るその他のリスクや不確定要素などがあります。将来の見通しに関する記述はすべて本プレ スリリース発表時点における経営陣の推定、予測、仮定に基づくものです。アプライド マテ リアルズは、将来の見通しに関する記述を更新する義務を負っておりません。

アプライド マテリアルズ(Nasdaq: AMAT)は、マテリアルズ エンジニアリングのソリュ ーションを提供するリーダーとして、世界中のほぼ全ての半導体チップや先進ディスプレイ の製造に寄与します。原子レベルのマテリアル制御を産業規模で実現する専門知識により、 お客様が可能性を現実に変えるのを支援します。アプライド マテリアルズはイノベーション を通じて未来をひらく技術を可能にします。

詳しい情報はホームページ:http://www.appliedmaterials.com でもご覧いただけます。

********************************************************************************

このリリースは 3 月 22 日米国においてアプライド マテリアルズが行った英文プレスリリースをアプライド マテリアルズ ジャパン株式会社が翻訳の上、発表するものです。

アプライド マテリアルズ ジャパン株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:中尾 均)は 1979 年 10 月 に設立。大阪支店、川崎オフィスのほか 17 のサービスセンターを置き、日本の顧客へのサポート体制を整 えています。

このリリースに関する詳しいお問い合わせは下記へ
アプライド マテリアルズ ジャパン株式会社 広報担当 (Tel: 03-6812-6801)
ホームページ: http://www.appliedmaterials.com/ja

March 23, 2021