skip to main content

選択的プロセス

選択的プロセス

複雑なパターニングのスキーム、高くなるアスペクト比、より小さいビアとチャネル、より繊細な形状、パターン倒壊のリスク増加などにより、バルクでのマテリアルズ エンジニアリングから選択的プロセスへの移行が加速しています。

選択的プロセスは、特別に組み合わせた化学物質と材料の相互作用を利用して、精緻かつ正確にターゲットのマテリアルの成膜と除去を行います。選択的成膜は原子レベルで行われる足し算の製造工程で、必要な箇所にのみ原子を堆積します。選択的除去は原子レベルで行われる引き算の製造工程で、不要な原子(見えない大きさのものでも)のみを除去し、それ以外のものはそのまま残します。選択的エッチング・成膜技術は、微細なパターンの形成や新たな構造の形成に使用されます。さらに、ウェットプロセスに伴うパターン倒壊、パターニングにおけるエッジ配置エラー、トランジスタ接続や配線抵抗に伴う2Dスケーリングの課題といったさまざまな技術的障壁の解決が可能になります。

May 05 2021

Introducing Breakthroughs in Materials Engineering for DRAM Scaling

Read full story

Apr 27 2021

DRAM Scaling Requires New Materials Engineering Solutions

Read full story

Apr 03 2021

Taking a Second Look at “AI”

Read full story